名称未設定のフォルダ

July 29, 2014 at 12:10am
499 notes
Reblogged from tora-friday

「人間は一度に脳の数十%しか使っていないんです。もったいないですよね。」っていうのは、「信号機は一度にすべてのランプの33%しか使っていないんです。もったいないですよね」っていうことと大体おんなじらしい。

— https://twitter.com/yousuek29/status/486893565163741184 (via tora-friday)

(via chkk525)

12:05am
274 notes
Reblogged from m0c0m

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/07/01(火) 23:22:11.23 ID:792e/lYi0.net
有名なやつな
「風船が空を飛んでいます。その風船の動きが急に速くなりました。なぜだと思いますか?」


東洋人と西洋人で答えが違うらしい
11:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/07/01(火) 23:24:19.04 ID:792e/lYi0.net
一応答えな

東洋人に多い答え
「風が吹いたから」

西洋人に多い答え
「風船が空気を噴射したから」


“>13:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/07/01(火) 23:25:16.78 ID:89tewqzX0.net
なんで違うの?



19:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/07/01(火) 23:27:37.37 ID:792e/lYi0.net
»13
色々説があるが、西洋人は「そのモノ自体が行動をコントロールする」と考える
東洋人は「モノは周りから影響を受ける」と考える

— 東洋人と西洋人の違いがわかる質問wwwwww:哲学ニュースnwk (via m0c0m)

デカルト思想と仏教思想にも繋がる感じ〜。

(via chkk525)

July 28, 2014 at 11:02pm
5 notes
Reblogged from yusukehigaki

各世代にみられる主要な欲求 →

yusukehigaki:

50歳の方とお話していたときの話。

その方のお父さん、お母さん、つまり僕(25歳)らのおじいさん・おばあさんの子供時代は、戦後明けで、モノがなかった。

そのためとにかく物欲が強かった。

僕らの父親・母親の子供時代は、とにかく認められていなかった。「そんなんじゃこの先生きていけないよ」とゆわれ、大学を目指し、大手企業を目指して育った。

そのためとにかく承認欲求が強かった。

そして僕ら。僕らの世代は中学生ころからインターネットを使いはじめ、色々な生き方、価値観があることを知った。

第6段階。コミュニティ発展欲求。

10:54pm
2,208 notes
Reblogged from shibata616

何度も申し上げておりますが、日本は「ポルノが氾濫する後進国」なのではなくて、「二次元と三次元の区別をつけた上で誰にも迷惑をかけずに欲望を充足するマナーある紳士淑女たちの超先進国」なので、日本が世界に倣うんじゃなくて世界が日本を見習うべきなのです。犯罪率とか数字がそれを裏付けてる。

— Twitter / 幸田高吉/仙丸 (via shibata616)

乙とかぶき者の違いみたいだな。

(via edieelee)

10:45pm
19 notes
Reblogged from kogumarecord

著作権ビジネス・ロック産業

ポール・マッカートニーは、音楽とは空中に浮かんでいるものであり、それは誰がつくったとしても「みんなのもの」と思い込んでいた。ミック・ジャガーとキース・リチャーズは当初、曲を「つくるもの」というふうには認識していなかった。曲とは「そこにあるもの」で、自分たちは「それ」を歌い演奏するものだと思い疑わなかった。

 アメリカの田舎で青春時代を過ごしたボブ・ディランは、いま少し彼らより思慮深かったが、曲とは自分で書くものではなく誰かが書いた曲を盗むもの、あるいは「盗んでもいいもの」との開かれた認識を抱いていた。ディランが知っていたフォークやブルース、カントリーといった分野の伝承曲の大半は、そのようにして歌い継がれ、これからも歌い継がれていくはずのものだった。

(略)

 しかしロックは、ポップ・ミュージックは歴史になった。「みんなのもの」だった曲は「誰かのもの」となり、彼らが書いた曲は即座に大金を生み、しかもそれは半永久的に富をもたらす。

— ロックの歴史・その2 中山康樹 - 本と奇妙な煙 (via kogumarecord)

(via the-whoooooooo)

10:43pm
576 notes
Reblogged from nobabaclip
nobabaclip:

2014年7月27日
直線運動のはずが。

nobabaclip:

2014年7月27日

直線運動のはずが。

(via the-whoooooooo)

10:39pm
692 notes
Reblogged from rabbitboy

Q.10
FF5のオメガが倒せません。

お名前:バッツさん


A
まずは忍者を極めるて、すっぴんがアビリティなしで二刀流を使えるようになることが重要やね。そして魔法剣士の「まほうけんLV5」、狩人の「みだれうち」のアビリティを習得しておく必要があるんよ。これですっぴんに上の2つのアビリティを装備させよう。
これが攻撃役ね。オメガは機械なので雷属性が弱点だから、この人がいれば魔法剣「サンダガ」の乱れ打ちでオメガに大ダメージを与えることができるんよ。

レベルがある程度高ければ、これに回復薬を加えて戦えば勝つことができるけど、もし低レベルで倒したいなら、攻撃役のすっぴん1人に詩人3人のパーティーで、詩人の中の1人に「正宗」を装備。「正宗」を装備しておけば、一番最初に行動できるからね。これで詩人の「あいのうた」でオメガの動きを止めながら、すっぴんの魔法剣乱れ打ちで戦えば、うまくやれば低レベルでも倒すことができるよ。

— 

第10回「とんかつQ&A」 | お店ホームページが簡単に作れる「グーペ」のキャラクターが運営する「とんかつ教室」

企業サイトなのにロースおじさんのオメガ攻略法が的確すぎる

(via uinyan, rabbitboy) (via rightstaff) (via tsundere) (via katoyuu)

(via hironica) (via hawelka) (via gkojaz) (via gkojay) (via takaivision) (via jyamil) (via aobouzu) (via precall) (via takayadai) (via ryusoul) (via nwashy) (via petapeta) (via growmoss)

10:37pm
24 notes
Reblogged from ginzuna

ともあれそれにしても、いくら死後でも自分が秘かに書き溜め、秘めた欲望と思いの丈を書き綴ったSSが大暴露されてしまうとは、人間はうかつに死ねないものらしい。以前、日本にダーガーの原画が来た時、美術館で見た事があったけども、妙にいたたまれない気持ちになったことを思い出す。

— hilihiliのhilihili: 自分好みの百合に救われる (via ginzuna)

(via growmoss)

10:35pm
5,420 notes
Reblogged from yukiminagawa

理科が得意な子供は「アルキメデスの原理」を理解できる。そうすると「北極の氷が融けても海水面は上がらない」ということが分かる。それを学校で言うと先生から「君は温暖化が恐ろしいのが分からないのか!」と怒られる。

理科が得意な子供は「凝縮と蒸発の原理」が理解できる。そうすると「温暖化すると南極の氷が増える」と言うことが分かる。でも、それを友人に言うと「お前は環境はどうでも良いのか!」といじめられる。反論しても「NHKが放送しているのがウソと言うのか!」とどうにもならない。

理科が得意な子供は「森林はCO2を吸収しない」ということを光合成と腐敗の原理から理解している。しかし、それを口にすることはできない。「森を守らないのか!」と怒鳴られる。

物理の得意な大学生は「エントロピー増大の原理から、再生可能エネルギーとかリサイクルは特殊な場合以外は成立しない」ことを知る。でも、そんなことを学会で話すことはできない。エントロピー増大の原理を理解している人は少ないし、まして、そのような難解な原理と日常生活の現象を結びつけることができる人も少ない。

日本は「理科を理解しない方がよい」という社会である。「それは本当はこうなんです」と説明すると「ダサい」と言われる。原発が危険な理由を説明すると「お前は日本の経済はどうでも良いのか!」とバッシングを受ける。

理科を理解できない人が理科を理解している人をバッシングする時代、理科的に正しいことでも社会にとって不都合と思われることを口にできない時代なのだ。だから君が理科を勉強すると不幸が訪れる。「理科離れ」は正しいのだ。

これほど自然現象を無視した社会では理科を勉強しない方がよい。NHKは科学的事実を報道しているのではなく、空気的事実を報道する。そしてそれが社会の「正」になるし、さらに受信料を取られる。それは極端に人の心を傷つけるものだ。

— 

武田邦彦 (中部大学): 「理科離れ」・・・君の判断は正しい(先輩からの忠告) (via marukido)

理科が得意な文系の大人としてはコメントしておいたほうがいいかもしれませんね。

「北極の氷が融けても海水面は上がらない」
> IPCCで問題にされている海面上昇の原因は、熱膨張、氷河と氷帽、グリーンランド氷床、南極氷床などです。北極の氷はほとんど問題にされていません。

「温暖化すると南極の氷が増える」
> 確かにIPCCの報告書にも「南極への降雪はむしろ増える」と書いてあります。南極やグリーンランドで問題になるのは氷が溶けて水になって流れだすことではなく、氷河の流出速度が速まることによって氷床が減少すること(力学的な要因)です。報告書ではこの氷河からの流出が降雪の増加を上回る可能性が指摘されています。

「森林はCO2を吸収しない」
> 確かにトータルで見れば極相林(成長を終えた森林)はCO2の吸収と排出がバランスしています。森林がどれくらいCO2を吸収しているかは、未だに議論がわかれており、研究が進められている段階です。ただし、森林面積が減少すれば、植物という形で固定されていたCO2は大気中に排出されます。森林面積の減少で問題になるのはこの部分です。CO2を吸収しないなら切っていい、と言う話ではありません。

「エントロピー増大の原理から、再生可能エネルギーとかリサイクルは特殊な場合以外は成立しない」
> エントロピー増大の原理が成立するのは閉じた系の中だけです。再生可能エネルギーやリサイクルのような地球や地域、社会といったレベルは常にエネルギーの流出入が起きている開放系なので、エントロピー増大の法則は適用できません。リサイクルや再生可能エネルギーがうまくいってないのは単に転換効率の問題です。

批判されるのは、ダサいからではなく、間違っていたり、変な問いの立て方をしているからです。むしろ、批判に対して自らの知的不誠実さを反省すること無く、「正しい人間は批判されるのだ」と主張するほうがずっとダサイと思います。

ref. 気象庁 | IPCC 第4次評価報告書
http://www.data.kishou.go.jp/climate/cpdinfo/ipcc/ar4/

ref. 森林の減少と二酸化炭素吸収量: ココが知りたい温暖化|地球環境研究センター
http://www.cger.nies.go.jp/ja/library/qa/24/24-1/qa_24-1-j.html

(via isana)

すんげーコメントktkr

(via vmconverter)

適切な問いを立てるのは難しい。

(via hexe)

きちんとした反論コメントが付いたので、再Reblog。

(via taquyallan)

武田邦彦という名前は覚えておいて損ないよ。

(via aobouzu)

武田邦彦が間違ってるかは置いといて、このコメントは正しいのではないか。

【NHKは科学的事実を報道しているのではなく、空気的事実を報道する。そしてそれが社会の「正」になるし、さらに受信料を取られる】

(Source: yukiminagawa, via edieelee)

7:34pm
16 notes
Reblogged from 46187

暫く坊主頭のままで出歩き、
理由を聞かれる度に茶髪の地毛を信じてもらえず
学校の指導でこうなったと答えてたら
私立の女子高なのに恐ろしい指導をすると一部で噂になった

翌年の入学の保護者向け説明会で
『生徒指導で女の子なのに坊主頭にさせるのは本当か?』と
質問まで出たと聞いた時は少し笑った

— 楽しいことないかな : 教師「チャパツは認めない」私「地毛です」教師「うるさい!茶色の部分は切れ!」→丸坊主にした私「生えてくる髪も茶色いので3年間ハゲで過ごします!」ビンタが飛んできた (via 46187)

(via edieelee)